iTochAnのやねうら部屋

オーディオ、カメラ、ガジェットのレビューや私個人の写真日記など多岐にわたり気ままに更新していきます♪

iTochAn attic

オーディオとディズニー、写真を撮るのが大好きな私の気ままなブログ♪

海外でSONYがα6400を正式発表!

こんにちは、いとうちゃんです。

ソニーのミラーレス一眼 エントリーモデルであるα6400が正式に発表されましたね。

更新:国内でも発表されましたね^^

f:id:miwa_support:20190116112425j:plain

ではさっそく行きましょう!

 

 

 

www.sony.jp

www.sony.com

公式ページから主だった機能を抜粋しますと、

・425個の位相差AFフレーム([1]位相差AFカバー(425点)[2]コントラスト差AFカバー(425点))密集した焦点が画像領域の約84%に広がる

 

・0.02秒  AFスピード
このカメラのFast Hybrid AFシステムは、位相検出方式AFとコントラスト検出方式AFを組み合わせています。

 

・最大11fpsのAF / AEによる高速連写 
高速な内部処理と大容量のバッファメモリのおかげで、最大11fps アフタービューまたは8fps  ライブビュー用で、表示の遅れを最小限に抑え、JPEG(標準)で最大116ショット、または圧縮RAWフォーマットで最大46ショットを1回の連続バーストで撮影できます。

 

・最大8fpsのサイレント連写 
ライブパフォーマンスを撮影しているときのように、撮影で絶対的な静かさが求められる場合は、シャッターノイズなしのサイレント撮影で最大8fpsの撮影が可能 7 AF-Cモードでも、リアルタイムアイAFまたはリアルタイムトラッキングを使用して、AF / AEトラッキングを使用すると、撮影オプションの幅が広がります。

 

・リアルタイムアイAF、リアルタイムトラッキング

この動画を見た限りではエントリーモデルと言えど優秀...

 

・常用ISO感度が32000までに向上(静止画の場合は最大ISO 102400で拡張ISO感度があります)

 

・3.0型、180度傾動可能なLCDスクリーン(タッチ操作にも対応)

f:id:miwa_support:20190116115423j:plain

 

 

ざっと主だった機能を紹介しましたがエントリーモデルという括りですが十分に実用的な機能を持っているカメラという印象です。ナンバリング的にもα6300の後継機という形なのかなと。

このスペックを持ちながら180度までいけるチルト液晶は嬉しい方も多いはずです。手ぶれ補正に対応していない点は残念かもしれませんが価格との兼ね合いで致し方ないのかと思います。

国内での正式発表が楽しみですね^^

 

参考(Sony announces a6400 midrange APS-C mirrorless camera with advanced AF: Digital Photography Review