iTochAnのやねうら部屋

オーディオ、カメラ、ガジェットのレビューや私個人の写真日記など多岐にわたり気ままに更新していきます♪

iTochAn attic

オーディオとディズニー、写真を撮るのが大好きな私の気ままなブログ♪

フルHD 60fpsの滑らかな映像で4000円台! YI ドライブレコーダー

こんにちは、やねみわです♪

本日は商品紹介になります。

 

今回紹介する商品は、YI ドライブレコーダーです。

f:id:miwa_support:20180305112104j:plain 


フルHD 60fpsの滑らかな映像、多機能で4000円台! YI ドライブレコーダー

YIさんのアクションカメラには定評がありますのでドライブレコーダーも期待が持てます^^

ではさっそくいきましょう!

 レビュー

パッケージ

f:id:miwa_support:20180305112303j:plain

中華スマホが入っているようなパッケージ笑

 

f:id:miwa_support:20180305114732j:plain

 パッケージ内容は、本体、固定用パーツ、microUSBケーブル、シガーソケット用USBアダプター、説明書類、保証書となっております。

f:id:miwa_support:20180305115420j:plain

説明書は日本語対応でわかりやすいです。

 

本体外見など

f:id:miwa_support:20180305115524j:plain

本体はPC素材ですがガンメタルカラーで金属のような質感が良い印象です。

本体サイズは約74mm(長さ)×52.4 mm(高さ)×19.4 mm(厚さ)、重量:約74gとコンパクトな設計となっております。

レンズは165°の超広角、6枚のガラスレンズ構成、F1.8大口径レンズ画素サイズ3.0μm×3.0μmの高感度イメージセンサーとなっております。

映像については後ほど^^

 

上面

f:id:miwa_support:20180305120832j:plain

上面には排熱孔と固定器具を取り付ける溝があります。

f:id:miwa_support:20180305122900j:plain

固定パーツは角度調整も可能です。

フロントガラスへは3Mシールでの固定となっております。

しっかり固定という意味ではシールのほうが良いのですが個人的には吸盤の方が嬉しい^^;

 

右側面

f:id:miwa_support:20180305123200j:plain

右側面にはmicroSDスロットがあります。公式では64GBまでの対応となっております。

ちなみにClass10以下のmicroSDを入れても画面にClass10以上を使用してくださいと表示され使用できないので注意が必要です。

 

左側面

f:id:miwa_support:20180305123736j:plain

左側面にはmicroUSBポートとリセットボタンが配置されております。

中華ドライブレコーダーはUSB miniBが多い印象なので嬉しい仕様です♪

f:id:miwa_support:20180305124318j:plain

f:id:miwa_support:20180305124328j:plain

microUSBケーブルの長さも3.5mあるのでフロントガラスの縁を通して配線しても十分な長さがあります。本体側のmicroUSB端子がL型なのも良いですね。

f:id:miwa_support:20180305124333j:plain

給電は付属のシガーソケットUSBアダプターを介して行います。

 

底面

f:id:miwa_support:20180305124226j:plain

 底面は特筆するものはございません。

 

液晶

f:id:miwa_support:20180305124633j:plain

液晶は2.7インチTFT LCDスクリーンとなっております。

f:id:miwa_support:20180305124755j:plain

視野角も広く滑らかに表示されます。

メニューもアイコンで分類されておりますので操作性も申し分ありません。

 

操作感などは下記動画を参考にしてもらえますと幸いです。

まとめ

いろいろな中華ドライブレコーダーを試してきましたが、アクションカメラにも定評のあるYIのドライブレコーダーは映りがよく感じました。
他社様もフルHDを語る製品が多いのですがほとんどが30FPSまでの対応でどこか印象が悪いのですがYIのドライブレコーダーは60FPSでの撮影が可能ですので映像が非常に滑らかです。その分、映像が美しく見えるのではないかと思います。

またスマホWi-Fiで連携することによりスマホで映像確認できたり、リアルタイムで車線逸脱を警告してくれたり、内蔵バッテリーが搭載されておりますので設定しておけば駐車時にも撮影可能であったりと機能性も高いです。

そして、Amazonで4,491円 (2018年3月5日現在)という破格の値段にはびっくりです^^;

初めてのドライブレコーダーや以前別の中華ドライブレコーダーを使っていた方にもおすすめできる製品と感じました。

 

本日はここまでになります。

最後までお付き合い下さり誠にありがとうございます。

ではまた次の更新で(*´ω`*)